楽器の値段と種類

PLAY MUSIC

知っておきたい、楽器の値段について

趣味であれ、プロを目指すためであれ、音楽を始めるためには楽器を購入しなければなりませんが、初めて購入を考えている人には、いったいどれほどの値段なのかということが気になるのではないでしょうか。
例えばピアノの場合、もっとも安いものでも20万~30万円程度はしますし、ある程度品質の良いものを求めようとすると60万~90万円程度のものを求めるのが一般的だとされています。
しかし中古ピアノや電子ピアノなら、10万円以下で購入できるものもあります。
オーケストラで使う楽器については、サックス・トランペット・フルートなどは10万円以下のものからありますが、オーボエ・ファゴット・ホルンなどは数十万円以上の値段がします。
そしてヴァイオリンについては、最も安いもので1万円台のものもありますが、アマチュアでも数十万円クラスものを購入するのが一般的だと言われています。
また、バンド楽器の代表であるエレキギターについては価格帯が比較的安いというのが特徴で、上級者クラスのものでも10万~20万円程度で購入することができます。
そしてエレキギターやエレキベースの音を出すために必要なアンプについては、数万円から購入できます。
さらにシンセサイザーについては、数万~数十万円というのが相場になります。

新しい楽器!?DTMって何

DTMとは、デスクトップミュージックの略で、パソコンを使って音楽を作ることを指す言葉です。
例えば、ピアノ・ギター・ドラムといったさまざま電子上の音源を使い、それらをパソコン上のプラグラムに従って演奏することが出来ます。
またDTMは、現在の音楽制作には欠かせないもので、プロの現場で使われているほか、比較的安価な値段で購入できる機材もあるため、アマチュアの音楽家の間でも多用されているものです。
従来の楽器の概念とは異なるものですが、パソコンや電子機材を利用して、自分の好きな音を出したり演奏することができるという点では、一種の楽器だと言えるでしょう。
DTMに必要なものとしては、「パソコン」と「DTMソフト」、そしてパソコンと音のやり取りをする「オーディオインターフェイス」などが挙げられますが、もちろん音を確認するためのスピーカーやヘッドフォンなども用意する必要があります。
また、最低限の条件としては、作曲用の専用ソフトさえあればパソコンのみでもDTMを行うことは可能ですが、MIDIキーボード(鍵盤)を使うと演奏データの入力に便利ですし、さらにオーディオインターフェイスを利用することによって、エレキギターなどの外部の楽器の音を取り入れることも可能になります。

recommend

クロムハーツ
http://www.rakuten.ne.jp/gold/chromeworld/
不動産担保ローン
http://www.ams-tokyo.co.jp/
キャビスパex 最安値
http://www.forjapanwithlove.com/rev_cavispaex
美顔器 比較
http://www.dashpc.com/
家の傾き
http://opt-hp.com/
京都 着物レンタル
http://www.kyotemari.com/
質屋
http://www.isuzu78.com/
医師 求人
http://www.wins-doctor.com/full-time/

2016/5/17 更新